読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことを好きなだけ。

主にライブレポやイベ感想。某バンドぷーるさんを追いかけ6年目、男性声優さんにハマり7年目。きらきらレーベルのピンク贔屓マン。

0618満天ライブレポ③

レポ 男性声優

 

 

ハナサカ歌唱後、

 


全員が前に出てきてアコースティックVer.に。

みんな座ってゆったり聞いて〜!と指示が。

 

なかなかハジけてしまったのですごくいいタイミングのアコースティックでした、嬉しい。

そろそろ夕焼けが見えるころかな〜と鈴さんが話しておりました。

そして、用意されたイスに座る時よっこいしょと思わず言ってしまう鈴村おじさん。

 

鈴「最近ね、よっこいしょーいちって言わないようにしてるの」

鈴「新しいの考えてるんだけどね、今出てるのがよっこい昇竜拳

『www』

鈴「何かしょで始まるいい言葉ない!?昇竜拳だとまた立ち上がっちゃう!」

そう言いながらやってみせる鈴さん。

鈴「え?シェー?よっこいシェー?また立ち上がっちゃうじゃん!!!」

そう言いながらまたやります、いいアイデアがあったらラジオ宛てに送ってきてほしいそうです。

 

15.スケッチ(アコースティックVer.)
鈴さんいわく掘り起こしたい曲。

そして全く企画もない思いつきでベスト作りたい、それに入れたいと発言。楽しみですね〜(ニヤニヤ)

 

次の曲はアコースティックにしたら意外とよかった、という曲だそう。


16.バベル(アコースティックVer.)
なぜ曲名がバベルなのかを解説してくださいました。ちなみにどっかでこの話したっけ?と何度も確認、最近おじさんになってすぐ忘れてしまうらしい。大丈夫、初耳ですよ。

 

バベルの塔の話(神様のもとに行こうとして塔を高く高く積み上げる人間に神様が怒り、人間同士のコミュニケーションが取れないよう言語の違いを与えたというお話)から、言葉が上手く伝わらないとか、気持ちが伝わらないとかあるけど伝えようとしなきゃ伝わらないよっていう歌からバベルという曲名にしたようです。


17.CHRONICLE

鈴「みんな曲によって色変えてくれるんだね〜クロニクルは、緑なんだね〜」
笑顔でうんうんと頷いてくれる鈴さんがかわいい。

 鈴「みんなも察してるように今日のテーマは水。水の上の波紋みたいにゆったりとひろがる空間を作りたいからバラード多いよ!だからって放水はしないよ!」

さすがに放水されたらたまりませんわ。


18.12月の空
1番はピアノの宇田さんと2人きりで歌い上げ、たしか最後の「12月の遠い空」の部分を「河口湖の遠い空」にしてくれてたと思います、そういうのすごく嬉しいっす。

 

このあたりですでに会場全体が真っ暗に、キンブレが目立ち始める時間帯ですね。

 

19.ロスト

 鈴「去年もそうでしたが、自然と一緒に時間の流れを感じたいのでアンコールしません」

みんな拍手、そこは察していたので!誰1人としてアンコールする人なんていいませんでしたよ。

 

鈴「ここまで連れてきてくれてありがとうございます」

 

20.月のうた
終盤になり何度もノドを抑えていた鈴さんですが、ここでとうとうきてしまいました。出だしの2フレーズほど声が出ず、顔をゆがませ苦しそうに咳払いをして再び歌い出す。
そのあともすごく気にしていましたが、最後まで歌い上げてくれました。

間奏で、ステージから前にスッと降りたかと思うとそのまま真っ直ぐ歩いていく。
自分の3列ほど横を、鈴さんが歩いていくまさかの出来事に声も出ず目だけで追う。
そのまま階段をあがり1回席と2階席の間の通路へ。そこに設置されていたステージに立ち、歌い出す。アリーナから見上げる形となりましたが、月明かりと照明が本当に鈴さんを照らしていて、本当に素敵で、自然と涙が溢れました。(これを書いている今も泣いてます…)

 

私のくそみたいなイラストですが、思い出に残したい一心で描いてみた。

f:id:yik__21:20160622165613p:image

下から見上げるとほんとに鈴さんが輝いてんねん…すごかったんよ…… 。

 

同じように前のステージに戻ってくると、悔しそうに顔をしかめ鈴さんは深々と頭をさげる。胸が苦しくなりました。歌い上げてくれて、ありがとう。

 

 

 

21.太陽のうた
鈴「ラスト!いけるかい!?」

ラストと聞いて必然的に立ち上がるみなさん!
鈴さんの歌に合わせ、花火も上がり始めます。
鈴さんも楽しそうに、最後はこちらを見ずに花火を見ながら…笑

そんな中まーくんはスマホを取り出し花火をパシャパシャと。そしてインカメでみんなでパシャパシャ。すっごく楽しそう、ギリギリ写真にうつれたかな?という位置でしたけど…どうかしら。

 

f:id:yik__21:20160621203816j:image

(こちら宇田さんのブログから拝借いたしました)

う〜〜〜ん宇田さんか鈴さんの後ろに隠れたかなという位置。残念。

でもほんと楽しそうで、幸せです。

 

最後は私も友人も涙ボロボロ、目は真っ赤。こんなにも感極まったライブは初めてでした。

周りには何人も涙を流す子がいて、あぁみんな一緒の気持ちなんだなぁと胸いっぱいです。

 

こんなにも素敵なライブを作り上げてくださった鈴村健一さま、ピンピンバンドのみなさん、そしてスタッフさんありがとうございました☺️

 

来年も開催しないかな…ツアーは行きたいな…完全に魅了されたな…お疲れ様でした!

 

帰りは、まさか乗れると思わなかった満天号で!

f:id:yik__21:20160621211314j:image

 f:id:yik__21:20160621211328j:image

 

 

たくさんの思い出、ありがとう。

一緒に楽しんでくれた友人も、ありがとう。

そしてここまで読んでくださり、ありがとうございました☺️

 

 

 

fin.